ドメインを取得できる業者は現在沢山います。最適なドメインを取得するにはドメインについて知っておく必要があります。このサイトではドメインについてより理解を深めるための情報を提供していきます。

ドメインの長さと検索順位に問題はある?

ドメインの長さでの検索結果を調べてる人ドメインが長いとユーザーにもわかりにくですし、グーグルのクローラーが探すのも多少難しくはなります。問題というほどではないのですが、できるなら短くてシンプルな方が良いです。またコンテンツの中身と合っているのが前提となります。しかし、良い感じのドメインネームは先客がいることがほとんどなので、なかなかに迷う可能性はあります。
ローマ字表記と英単語を混ぜるなどの対策を行うしかない場合も多いでしょう。しかしあまりに難しい単語を使ったりするとユーザーに分かりにくく、それが結果的にグーグルからの評価を落とす可能性もあります。またわかりやすい名前にしておいた方が被リンクを自然に貼られたりしやすいです。これに関しては、自作支援でリンクを貼りまくることをするとむしろマイナスになるので気をつけてください。グーグルがブラックハットをやる人に対しての処罰を強化しており、ブラックハットをやると一気に圏外に飛ばされます。そしてリンクの自作自演はかなりのブラックハットに入ります。
また、このようなブラックハットを推奨する業者もあるのですが、失敗して逆効果になっても責任を取ってくれないです。自己管理で気を付けましょう。
ちなみに、内部リンクに関しては積極的に見やすくしていくと良いです。サイト内で、どのページにも2クリック以内で行けるというのが基本です。カテゴリでは分けているので、さすがに1クリックというのはページが多いと無理でしょう。
そしてもちろん、検索順位に最も関係があるのはコンテンツです。ドメイン名をユーザーが検索するワードにしたり、タイトルにもそれを入れたりはもちろん重要なのですが、もっと重要なのがコンテンツです。いくらキーワードを網羅していも、最近のグーグルはコンテンツの質が低いとまったく上位表示はしません。
ユーザー満足度の最大化という理想に近づいているのでしょう。昔はコンテンツがすかすかで、キーワードだけで引っ掛けるような悪質なサイトも多く上位表示されていました。今はそれをやればすぐにスパムの対象です。バックリンクの過剰な演出と並んでブラックハットの代名詞になっています。
ユーザー満足度最大化を目指してアルゴリズムの改変を行っているという事実は必ず常に意識しておいてください。基本的にグーグルはアルゴリズムの詳細を知られたくないので抽象的なことしか言いませんが、それは仕方ないでしょう。要するにグーグルはアルゴリズムは意識せずに良いコンテンツを作ってほしいのです。

ドメインは知的財産権に該当する?

商品にちなんだドメインを考えてる人ドメインは知的財産権に該当します。そのため、製品を開発した企業がその商品名でドメイン取得するケースは多いです。この目的は、もちろんその製品の宣伝です。いまやネットでの商品の宣伝はもっとも集客効果のある方法です。自社のサイトでアピールするのはもちろん、製品名でサイトをもっておけば、その製品専用に使えます。また、そこに相互リンクを貼ることによって、各製品ごとにサイトを作成することも可能です。
企業というよりは、その製品に関しての興味を持っているひとはその製品名で検索します。そのときにもちろんドメイン名にキーワードが含まれていればヒットします。通販サイトなどに入ってもらっても商品は売れる可能性が高いのですが、いったん自社のサイトに誘導することでよりほかの製品の宣伝もできたりします。
最近は通販サイトのseoの力が強すぎて、製品名で検索するとまずそっちにいきます。少なくとも会社のサイトよりは通販サイトに行くでしょう。そこで、ドメイン名にいれておけば、そっちにも検索エンジン上位の可能性が高まります。どう考えても検索ワードにもっとも近いサイトだからです。しかしそれでも通販サイトが先に表示されるケースも多いのです。もちろんこれらの通販サイトはseo対策もしているでしょうが、サイトのコンテンツの力と内部seoのリンクの見やすさです。グーグルからの絶対的な信頼を得ていることがこの例からもわかるでしょう。
とにかく情報量が多いサイトというのは、ロングテールのように関連性が半歩ずらしから始まりどんどん引っかかるワードの尾ひれが伸びていきます。また関連する商品へのリンクなども内部seoの手本のようになっています。情報量が膨大であるにも関わらず、見やすい構成になっているのです。これはもちろんユーザーだけでなくグーグルのクローラーへの対策にもなっています。
よく商品を買ったあとも類似商品が表示されて違和感を感じることがありますが、あれはグーグルの検索エンジンの対策目的も兼ねているためであったりします。類似商品が大量にあることによって、アルゴリズムに引っかかりやすくなるのです。ユーザーからすれば買った後にまで類似商品を紹介されても微妙な場合が多いのですが、グーグルからすればユーザーの欲しい情報とその関連するものを最大限提示していることになります。さすがにまだアルゴリズムもタイミングまではプログラミングされていないのでしょう。

ドメインの知識を深める!の記事一覧

  • ドメインとウェブサイトの...

    インターネットはかなり短期間に爆発的に進化してきており、特にウェブサイトの進化はめざましいものがあります。しかし、進化の過程で多数のウェブサイトが放棄されてきており、合わせてドメインも放棄されてきてい

  • 転売されるドメインの相場...

    最近、ドメインを転売して利益をあげる、いわゆる新たな転売が注目を集めています。ドメインと言えば、インターネットのサイトの住所として考えられていますが、実はサイトの集客にとても深い関係があります。 そ

  • .joと各種ドメインの測...

    ドメインは毎年のように新しいドメインが生まれていますが、.joのように人気のあるものもあればまったく見かけないドメインもあり、選ぶのが大変になってきています。ドメインには各種効能があり、うまく選ばない

  • ライブドアブログドメイン...

    ドメインを活用しオークションで手に入れた男性

    ブログというサービスが開始されてから結構な年月が経ちましたが、そんな今でもブロガー人口というものは今でも増え続けているよ