ED治療薬との飲み合わせに注意しましょう

ED治療薬の飲み合わせに注意

ED治療薬でポピュラーな治療薬がインターネット通販で簡単に購入できる時代になりました。
ED治療薬の中には、服用後36時間まで有効性が認められた長時間の持続効果が期待できる勃起不全治療薬があります。
ED治療薬は、外部刺激や性的興奮を受けることで、自然な勃起を促し、勃起を持続させるED治療薬です。
性的興奮と勃起のメカニズムを考えると、ED治療薬には 興奮剤のような効果はありません。
性的な刺激により、勃起する効果が増し持続性がアップできます。
しかし、興奮剤とED治療薬の組み合わせは危険だと言われています。
それらの薬品を服用してしまうと健康に害を与え、他のお薬との飲み合わせによっては命に関わる重大な副作用を引き起こす危険もあるので注意しましょう。
基本的にED治療薬は通常お水と一緒に服用します。
ビールなどのアルコールと一緒に服用しても健康に害はありませんが、大量のアルコールを摂取すると十分な効果を得られない恐れがあるので、適量に抑えることが大切です。
薬の服用は1日1回までとし、次の服用まで必ず24時間以上空けるようにしましょう。
腎障害のある方は、次の服用まで48時間以上間隔を空ける必要があり、必ず医師の指示に従いましょう。
服用するタイミングに制限はなく、服用から36時間持続効果がありますので、患者のタイミングで飲むことができます。
飲み薬・舌下錠・貼り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレーなどの硝酸剤が併用禁忌薬ですので、これらを服用している方にはED治療薬の処方は医師の指示に従うことが原則です。
また、治療薬の中には食事の影響を受けにくい薬もあり、食前、食後などどのタイミングで服用しても満足な効果を得ることができます。